下肢静脈瘤を治療しよう|ただの疲れでは無いので注意

医師

自分では気づきにくい病気

カウンセリング

肥満の人や顎が小さい人は、睡眠時無呼吸症候群の可能性があります。睡眠時にいびきをかいたり、日中も眠くて集中力が続かなかったりする人は、一度病院を受診し様子を見てみましょう。症状が軽い場合は専用のマウスピースなどで改善することもありますし、肥満の人は生活習慣を改善すると解消することもあります。

もっと読む

安心感の得られる病院選び

病院

城東区の地域医療を担う内科の存在は、多くの患者にとって生活上の安心感や信頼感を高めることに役立っています。一人一人の事情に配慮した治療を行い、生活の質を高めるためのアドバイスを受けられる内科に人気が集まっています。

もっと読む

女性特有の症状です

脚

根本的な解決を目指す

年齢を重ねていくと体調や身体の変化を感じることがありますが、その中の一つに更年期障害があります。更年期とは大体50歳前後の閉経以降に生じる症状で、自律神経失調症など身体的や精神的な不調のことをいいます。これは更年期に入ったことで、ホルモンバランスが崩れ乱れることが原因とされています。このような更年期障害は、とても身近なものであり女性であれば誰でもなり得ると言えるのではないでしょうか。そしてこの更年期障害の治療方法はいくつかありますが、その中でも根本的な解決の治療として期待されるのがホルモン補充療法です。これは保険適用されるため自己負担が少なく済み、また根本治療を目指せる治療法として注目を集めています。

ホルモン補充と自己ケア

更年期障害の治療法であるホルモン補充療法は、少なくなったエストロゲンという卵胞ホルモンを補うものです。これは更年期障害の症状であるほてりや発汗などの改善、骨粗しょう症の予防、自律神経の不調の改善に効果があるとされています。またこの他にも、肌質や不眠、善玉コレステロールなどにもいいとされ効果が期待できます。それは女性として更年期障害以外の症状、肌のハリ不足や乾燥の改善もできるのはとても魅力的な治療法といえるでしょう。また病院で治療することも大切ですが、軽い症状であれば自分で気を付けることもできます。それは日常生活の中で、ストレスを溜めないようにしバランスの良い食生活を心がける、また軽い運動を取り入れることで改善される場合もあります。しかし重い症状であれば、早めに病院へ行き医師に相談するようにしましょう。

悪化する前に

普段の生活の中で足がむくんだり、ほてったりすることはよくあることでしょう。そういった症状しかないので、自分が下肢静脈瘤になっているという自覚がそもそも無いのです。ですので、なかなか疲れが散れない方は一度病院へ行き、治療するといいでしょう。また、下肢静脈瘤は運動不足が原因でなることが多いので、適度に運動をするように心がけるといいでしょう。運動が難しい妊婦さんは、サプリメントで体の調子を整えるといいかもしれません。治療で治るといいのですが、最悪の場合、手術しなければならないので注意が必要です。

人口の多いエリア

横になる男性

平野区は生活している方が多く、病院の数も増えてきています。ですが高齢化などを理由に医療機関が足らなくなっているなど問題も抱えています。そのため平野区では病院の効率化を行っています。良い病院を受診するためには口コミの情報を参考にしましょう。

もっと読む