下肢静脈瘤を治療しよう|ただの疲れでは無いので注意

先生

自分では気づきにくい病気

カウンセリング

さまざまな症状

睡眠時無呼吸症候群は、喉の周りについた脂肪によって気道が狭くなって発症してしまうこともあり、肥満の人に多いイメージです。しかし、最近では小顔で、顎の骨格が小さい人にも、睡眠時無呼吸症候群を発症している人も増加していることから、肥満ではないので関係ないと思っている人には注意が必要です。代表的な症状としては、いびきと日中の眠気と集中力の低下ですが、夜中に尿意がしてトイレに起きてしまう頻尿なども、睡眠時無呼吸症候群の症状に出てくるので知っておくと良いでしょう。性格の変化としては、うつ傾向になってしまうこともあるので、家族や周囲の人手で悩んでいる人がいれば、様子をみて病院に行くことを進めてみても良いでしょう。

いろいろな対策

睡眠時無呼吸症候群の症状では、寝ている間におこるので自分では、気がつかないことが多くあります。不安な場合などは、家族に状況を伝えてみて、一緒に寝ている人に気に留めておいてもらうことも良い方法です。治療は、呼吸器内科や耳鼻咽喉科などで行われますが、症状が軽度の場合は、歯科医院にて専用のマウスピースを作成してもらい、つけることだけで症状が良くなることもあります。症状によっては、陽圧マスクなどを取り入れることもあり、自分にあった方法を見つけることが大切です。睡眠時無呼吸症候群では、肥満や糖尿病・高血圧なども合併していることも多くあります。肥満を解消しただけで、症状が治った人もいるので、総合的な生活習慣の改善がより効果的だといえます。